メニュー

入試のポイント

ポイント

新しい入試制度がスタートします。

5つの項目に取り組み、各項目のポイントの合計で判定します。

【対象入試】WE選考

ポイント

高校の成績を入試に活かせます。

評定平均値を点数化し、得点に加算して判定します。

【対象入試】公募推薦入試・一般入試(C日程)

ポイント

これまでに取得した資格を入試に活かせます。

資格に応じたポイントが成績に付与されます。
資格によっては、奨学金が支給されるものもあります。

【対象入試】公募推薦入試IV方式(A日程後期・B日程前期・C日程前期・C日程後期)

ポイント

本学のことを十分理解・納得して入学するために無料で面談を受けることができます。

従来の面接型入試とは異なった、本学独自のAE入試を実施します。不本意入学を防ぎ、目的意識を重視した入試制度です。

【対象入試】AE入試

ポイント

オープンキャンパスや入試説明会に参加することで入試につなげることができます。

オープンキャンパスや入試説明会ではAE入試・AO入試・WE選考ガイダンスを実施します。
エントリーシートの書き方のポイントをじっくり聞くことができ、さらに参加日当日に面談を受けることもできます。

【対象入試】AE入試/AO入試/WE選考

ポイント

得意な教科で受験できます。

試験開始時に全ての問題が手元に配られ、その場で問題を見て好きな教科を選んで受験することが可能です。

【対象入試】公募推薦入試(Ⅰ方式・Ⅱ方式)/一般入試

看護学部一般入試A日程前期は1日(1回)の試験で看護学部の判定を最大2回受けることができます。
ポイント

1回の受験で複数学科の出願ができます。

人間学部と経営学部間は双方で複数学科志望できます。
看護学部については人間学部・経営学部への複数学科が志望できます。他学部からは看護学部の複数学科志望はできません。
また、看護学部では併設校の太成学院大学歯科衛生専門学校歯科衛生士学科を併願することができます。
看護学部一般入試A日程前期(III方式・IIIa方式)を同時出願する場合、入学検定料35,000円にプラス5,000円で出願することができます。
(インターネット出願の場合は、入学検定料30,000円にプラス5,000円で出願することができます。)
ポイント
ポイント

インターネット出願でメリットがたくさんあります。

対象入試の全日程出願可能。
インターネット出願でメリット

【対象入試】公募推薦入試/一般入試/大学入試センター試験利用入試

紙の志願票をご希望の方は、本学入試課(0120-623-732)までお申し出ください。
ポイント

独自の奨学金制度で学ぶ意欲をバックアップ。

全入試に返還不要の奨学金制度があります。

■太成学院大学奨学金制度 (一般入試対象:返還不要給付型)

S1奨学生 / 人間学部・経営学部…1,580,000円
看護学部…1,920,000円
(授業料の半額を最長4年間免除)
S2奨学生 / 人間学部・経営学部…380,000円
看護学部…465,000円
(授業料の半額を初年度免除)

■太成学院大学資格奨学金制度 (全入試対象:返還不要給付型)

A奨学金 /250,000円(入学金全額相当)  B奨学金 /125,000円(入学金半額相当)
・入学後に、該当の奨学金が支給されます。

New!■WE選考奨学金制度(人間学部・経営学部対象:返還不要給付型)

・WE選考で合格となった方で入学手続きを完了された方は、入学後に125,000円(入学金半額相当)が支給されます。

■学修奨励奨学金制度(人間学部・経営学部対象:返還不要給付型)

・ 各入試制度の合格となった方で条件を満たす方は、年間100,000円×最長4年間 計400,000円が免除されます。

※各奨学金制度を2つ以上申請し、選考により対象となった場合は、金額の高い奨学金制度1つが適用されます。

ポイント

遠方からの受験生を応援!!遠隔地受験生サポートがあります。

ご自宅から本学までの距離が100km以上の受験生に、往復交通費等全額を入学後に支給します。
さらに宿泊し受験される方に「往復交通費(公共交通機関)+宿泊費(一泊分)」を入学後に全額支給します。
※宿泊の場合は本学指定の代理店よりお申込みが必要です。宿泊日の一週間前までにご予約ください。
※申請には領収書が必要ですので、受験日の領収書を保管しておいてください。

【対象入試】全入試(大学入試センター試験利用入試は除く)

ポイント

同一入試種別内の複数受験は、偶数回の受験料が免除されます。

同一入試種別内で複数回受験される場合、2回目、4回目、6回目、8回目の検定料を免除します。
この場合、調査書・推薦書(公募推薦のみ)は1回目のみ必要、志願票はそれぞれ必要です。

【対象入試】公募推薦入試・一般入試・大学入試センター試験利用入試


試情報について詳しくは、募集要項をご覧ください。

PAGE TOP