メニュー

実践重視の特色ある学び

プロジェクト学修

みんなで協力して答えを導く授業。

従来の先生が一方的に講義をし、板書されたものをノートにとるだけの受け身の授業では身につけることが難しかった「一歩前に踏み出す力」や「あきらめずに考え抜く力」、「チームで協力し合う力」といった知識や技術を活かす力を養うため、いつもの授業を楽しくする「仕かけづくり」をしています。
例えば、高齢患者さんの状況をイメージして、みんなの考えを模造紙に貼り付けたり、みんなで考えた子どもの遊びをポスターにして発表したり、難題を仲間と相談し答えを見つける学びは、知的好奇心を刺激して一歩前に踏み出す力が身につきます。

 
高齢者さんをとことん理解することから学ぶ「老年看護学援助論」

高齢者さんをとことん理解することから学ぶ「老年看護学援助論」

「世界の宗教と文化」

「世界の宗教と文化」

spe
子どもの年齢に応じた遊びを考える「保育原理」

子どもの年齢に応じた遊びを考える「保育原理」

spe
「産業・観光特論」で地元企業の事業を学ぶ

「産業・観光特論」で地元企業の事業を学ぶ

フィールドワーク&グローバル研修

実践授業を通して「社会人基礎力」も修得します。

学びの理解を深め、実践力を身につけることができる学外での活動が充実しています。講義で学んだことを実際に体感するフィールドワークは、机上だけでは学ぶことのできない活きた学修となっており、関西秋の三大祭りのひとつである「上野天神祭」に参加し、日本の伝統文化を肌で感じるものや、日本最古の国道を散策することで歴史に対する理解を深めるものなど、さまざまなプログラムを用意しています。
また国内外の異文化体験やコミュニケーション能力を高めるグローバル研修は、中国、韓国、シンガポール、マレーシアなどのアジアからイタリア、ヨーロッパなどへの海外、さらに屋久島などの国内での研修を、学生自ら目的テーマを設定しプログラムを組み立て実施します。
これらの活動を通して、視野が広がり、自分自身が主体的に活動する力や、相手に自分を理解してもらうための発信する力等を身につける機会となっています。

 
倉敷や児島の祭りを調査。「大原美術館」にて集合写真。

倉敷や児島の祭りを調査。「大原美術館」にて集合写真。

様々な国の人々・文化・歴史との交流。

様々な国の人々・文化・歴史との交流。

社会連携

企業と学ぶ!地域で学ぶ!

本学は堺市美原区に位置し、さらに富田林市に隣接しており、地元企業と連携し南河内地域の経済活性化を図る産学連携プロジェクトに参加したり、学生が近隣の小中学校に出向いたり、幼児から高齢者まで大学の施設・設備を使って学んでいただける地域連携の活動に力を入れています。
学生たちは、地域連携の在り方について理解を深めるとともに、人間関係も学ぶ場としています。特に、教員をめざす学生には"教える"ことに対して、大変有効で貴重な体験となっており、毎年多くの学生がボランティアやインターンシップなどに参加しています。

 
 

地域の方々へパソコン操作を本学学生がレクチャー。

近隣の小学校と連携しています。

本学内にある野外キャンプ場にて堺市立八上小学校の5・6年生と実施。 1カ月以上前からキャンプの企画立案・準備・運営と指導にあたりました。チームとして一つのものを作りあげることの難しさを感じるとともに、児童たちと積極的にコミュニケーションをとること、夜遅くまで翌日の準備に取り組む姿には成長が感じられました。

学生がわかりやすく説明

学生が児童にわかりやすく説明

本学の野外炊飯場で飯盒炊さん

本学の野外炊飯場で飯盒炊さん

児童の思い出に残るよう企画

児童の思い出に残るよう企画

インターンシッププログラム

身につけた能力を発揮する時!

大学の学びが社会につながっていることを知ることは、非常に大切なことです。それを実感するのが本学のインターンシップです。学生は、企業で就業体験をするプログラム、小・中・高等学校の教育現場で教育アシスタントとして体験するプログラム、商工会議所やNPO法人がネットワークを活用して企画したプログラムなど、多彩な形態で取り組んでいます。インターンシップを通して、物事に進んで取り組む主体性、目的を設定し確実に行動する実行力、相手の意見を丁寧に聴く傾聴力や自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する情況把握力など、チームで協力し合う力が必要なことを実感します。
また、本学では、有意義な学生生活を送るため、「学生の本分は学業である」「学業に専念できる学生は、社会に出てからも企業社会への貢献に専念できる」という観点から1、2年生からインターンシップに参加し、先を見据えて行動できる計画力をもつことも推奨しています。

高校の授業で教育アシスタントとして「人を育てる教育力」を身につけるために取り組む学生。

高校の授業で教育アシスタントとして
「人を育てる教育力」を身につけるために
取り組む学生。

福祉施設でベッドメイキングを体験する学生。

福祉施設でベッドメイキングを体験する学生。

実際の教育現場で、学校の様々な教育活動をサポート。

実際の教育現場で、学校の様々な教育活動を
サポート。

ボランティア

喜びやチームワーク力を体得!

本学が掲げる社会人基礎力の能力要素のなかで、特に主体性・働きかけ力・情況把握力・倫理性を身につけるのがボランティア活動です。学生は国際ボランティアとして海外で活躍したり、地域の小中学校、医療施設、スポーツクラブ、福祉施設や介護施設などさまざまな状況の中で活躍しています。この活動をとおして、人に共感すること、自分が大切な存在であること、社会の一員であることを実感し、思いやりや規律意識をはぐくんでいきます。指導力やコミュニケーション能力を高めるとともに、学ぶ意欲や考え抜く力などを総合的に高める自発的な活動として取組みます。

アフリカのタンザニアで現地の子供たちに溶け込む学生。

アフリカのタンザニアで現地の子供たちに
溶け込む学生。

学内栽培で収穫した野菜を使って園児たちとおやつ作り。

学内栽培で収穫した野菜を使って園児たちと
おやつ作り。

日本に来られた方々をおもてなし。

日本に来られた方々をおもてなし。


PAGE TOP