メニュー

学びのサポート

新入生導入教育宿泊研修

入学前に本学の学びに触れ、不安を解消します。

本学では、入学直前に「新入生導入教育宿泊研修」を実施しています。この研修に参加することで、大学生活の不安解消はもちろん、生涯の友人を得て、大学で学ぶ意味を意識し、将来の目標に向かってスムーズに大学生活をスタートさせることができます。

研修先のホテルで大学生の心得などを学びます。

研修先のホテルで大学生の心得などを学びます。

 
研修先のホテルで大学生の心得などを学びます。

"自ら思考し実践する"看護学部の宿泊研修。

看護学部では、本学の建学の精神を理解し、医療に携わる人としての基盤形成と社会人基礎力につなげることをめざす宿泊研修を実施しています。集団生活での規律やマナーを守り、周囲と協調しながら自分の役割を果たすことをで、日々の学修から「ホスピタリティ」を常に主題に位置づけ、高い専門知識や技術と豊かな人間性を兼ね備えた人材となるための意識を高めます。

 
研修先のホテルで大学生の心得などを学びます。

看護学部のマナー研修の様子

授業サポートシステム

アクティブな学びをサポートします。

本学では、すべての学生にiPad miniを無償配付。キャンパス全域をカバーするTGU Pocket WiFiにつないで、学生たちは主体的な授業を展開しています。学生たちが日頃から集う場所に、ICT(Information and Communication Technology)を最大限に活用し課題解決能力を養うことのできる学びの交流空間「Active Learning Commons」を整備。
現状を分析して目的や課題を明らかに(課題発見力)し、課題解決に向けたプロセスを準備(計画力)し、既存の発想にとらわれず、課題に対して新しい解決法を考える(創造力)能力を発揮するためのトレーニングができる場所とツールを、学生たちは当たり前のように毎日活用しています。

iPad miniをフル活用して"考え抜く力"を トレーニングします。

iPad miniをフル活用して"考え抜く力"を
トレーニングします。

学内無線LANにて「My TGU.net」に アクセス可能。

学内無線LANにて「My TGU.net」に
アクセス可能。

本館ではいつでもiPadを利用できます。

本館ではいつでもiPadを利用できます。

アセンブリ・アワーとアドバイザ

教員が学生一人ひとりをサポートします。

4年間の大学生活の中で、さまざまな悩みや不安を抱えることがあります。そのようなときのサポートシステムが、アドバイザ教員による"アセンブリ・アワー"という週に一度の時間です。重要な連絡や卒業までの大学生活の過ごし方や学びのサポートなど、さまざまなプログラムが組み込まれ、有意義な学生生活を送れるようアドバイザ教員が学生一人ひとりに対応しています。本学専任教員一人あたりの学生数も18.2人と全国平均の6割。学生の個性に合わせたサポートをおこなっています。

 
選任教員一人あたりの学生数
就職活動に関するプログラム。

就職活動に関するプログラム。

アドバイザ教員による研究室での個別相談。

アドバイザ教員による研究室での個別相談。


PAGE TOP