メニュー

学長挨拶

TGUでの仲間との出会いが、あなたの学びのはじまりです。それが輝くあなたのキャンパスであり、太成学院大学らしさであります。
TGUでの仲間との出会いが、あなたの学びのはじまりです。それが輝くあなたのキャンパスであり、太成学院大学らしさであります。

 価値観の多様化といわれるなか、大切なことは、一人ひとりの目的意識の確立ではないでしょうか。それは、自分が何のために学ぶのか、何のために大学を志すのか、私達が考えている以上の大きな夢や希望を聞くと、たいへん素晴らしいことと思います。そして、その実現に向けて、ひたすら努力をするあなたの姿に新たな感動を覚えます。大学で学ぶということは、つまり自分の人生目標を定めるために、自分が自分自身と真正面に目をそらさずに、立ち向かうということではないでしょうか。本学の学生たちは、先生からよく言葉がけをしてくださり、学生たちと同じ目の高さで話してくださる先生が多いといいます。大学生活を通じて、良き友を得ることも大切だということも忘れてはなりません。教育ほど人間的な営みはないと言われる所以の一つだと思います。教育こそ人格形成の原点だということではないでしょうか。

 本学の設置者である学校法人天満学園は、今年で創立80年になります。若い皆さんには、遠い昔話のことかも知れませんが、昭和9年(1934)秋のこと、超大型の第一室戸台風が近畿を襲い、大阪を中心に大被害をもたらしたばかりか、経済不況を更に加速させたというなかで、本学園創立者足立喜三郎は経済復興再建に伴う人材育成の必要性を痛感し、建学の精神「教育は徳なり」に思いを至し、学問にゆかりの深い大阪市北区にある大阪天満宮の北西方約500mにその地を選び、学校を設立したことから始まりました。

 昭和62年(1987)に前理事長の足立喜典が大阪短期大学を開学、改組転換により四年制大学へと発展し、諸先生方の熱意と教育力に加えて在学生諸先輩の活躍と努力、保護者のご理解ご協力のおかげで、建学の精神は継承され、その評価を世に問いながら、社会の進展に寄与貢献してきた80年余にわたる歴史をきざんでまいりました。幸いここに学ぶ学生からは、本学での学修が「おもしろい」あるいは「ものすごく熱心に講義をしてくれる先生がいる」という言葉を聞かされます。その度に私たちは、学生たちが「この大学に来て良かった」「良いことを学び、心に残る大学生活が送れた」と思えるようにしていきたいと、学生たちのために尽くせる大学でありたいと熱望しています。「学び、考え、発見が人生の夢を実現させる力になる」ことを確立なされて、未来に巣立たれんことを心から願っています。本学への扉を叩かれますことを心からお待ちしています。 


PAGE TOP