メニュー

ゼミ紹介

学生が中心となって主体性を持ち各自が学んできた成果を
研究発表したり、ゼミ仲間と討論することで、社会人基礎力を身につけることができます。

ゼミテーマ 暮らしを豊かにするスポーツの価値をビジネスの視点から考える
長谷川 健司 准教授

長谷川 健司 准教授

担当講義

スポーツ行政の理論と実際/健康スポーツ実習(キャンプ実習)

 
ゼミでは、人々の豊かな生活に貢献するスポーツについて、体育・スポーツ経営学の観点から課題を発見し、解決策を検討。解決策の実現に向けたプレゼンテーションを実施します。このプロセスを通して知識や能力を高め、スポーツの発展に寄与する人材を育成します。Vリーグ堺ブレイザーズとの連携やスポーツビジネス新規事業創造ハッカソンへの参加など、学外へ足を運ぶ活動も豊富です。
 
ゼミテーマ 運動時のケガから、eスポーツまでスポーツを幅広く科学的に解明
池辺 晴美 准教授

池辺 晴美 准教授

担当講義

スポーツトレーニング概論/運動生理学/救急処置(含実習)

 
池辺ゼミでは、機能解剖の基礎を理解したうえで、①スポーツ種目ごとに発生しやすいけがの傾向の調査と、要因と対策の検討②競技力向上や健康増進に、トレーニングが果たす役割③新たなスポーツジャンルとして普及するeスポーツの体力科学的調査、などを主なテーマとする研究を実施。プレゼンテーションにより、発表スキルの向上をめざします。また、資格取得のための学習も行います。
 
ゼミテーマ 体育・スポーツ現場で起こる諸現象を心理学的視点から考え、
より良い指導や実践に役立てる
辻田 佳保里 助教

辻田 佳保里 助教

担当講義

スポーツとメンタルヘルス/スポーツ心理学/スポーツ指導法J(剣道)

 
スポーツ選手は「本番で最高のパフォーマンスを発揮するには」「チームが団結するには」など、さまざまな心の課題に直面します。ゼミでは、試合での実力発揮や競技力向上を目的としたメンタルトレーニングの手法を学修します。さらに、各自の興味にもとづいて研究テーマを決め、体育・スポーツ現場で起こる様々な現象について心理学的側面から解決策を検討し、より良い指導や実践に役立てます。
 

その他のゼミテーマ ※下記はゼミテーマの一部です

  • ・スポーツ運動に関するストレッチ・トレーニングの
    効果について
  • ・体格による障害発生のリスク
  • ・音楽聴取がパフォーマンスに与える影響
  • ・ソフトボールの打球飛距離と体格及び筋力・筋肉量の関係
  • ・eスポーツと身体活動を伴うスポーツとの関連性について
  • ・トップアスリートにおけるルーティンとコンセントレイション
    との関わりについて
  • ・運動が若年女性の骨成長に及ぼす影響について
  • ・マウスピースの着用が競技パフォーマンスに及ぼす
    影響について
  • ・2020年東京オリンピックがもたらす経済効果について
  • ・スポーツトレーニングにおけるVR活用の可能性
  • ・J2観戦者の観戦動機に関する考察
    ―チーム特性との関係をもとに―
  • ・子どもにスポーツ・運動を教えるために必要なこと など

PAGE TOP