メニュー

インターンシップ制度

実社会で就職について学ぶ。

本学では、実習科目としてインターンシップを取り入れています。 本学のインターンシップには、「職場体験型」「課題解決型」「実務実践型」があり、就業意識を高めることはもちろん、働くとはどういうことかという本質を理解するために取り組みを行っています。
事前・事後の学修を通じて、社会人になる力を身につけていくことで、しっかりとした職業観や働く意識を形成していきます。

企業の方の話を真剣に聞く学生。

高校の授業で教育アシスタントとして「人を育てる教育力」を
身につけるために取り組む学生。

企業で仕事の流れの説明を聞く。

インターンシップ(企業)

企業で実際の現場で就業体験を行うことができます。実際の業務に従事することで、その仕事への理解を深めるだけでなく、社会人としてのマナーや心構えや職業観を身につけます。

企業の方の説明を聞く学生

企業の方の説明を聞く学生

インターンシップ(コーオプ)

商工会議所やNPO法人がネットワークを活用して企画したプログラムや、堺・南大阪地域大学コンソーシアムを利用したプログラムに参加することで職業意識を高めることができます。市役所などの公的機関もあり多種多様な職業の中から選択することができます。

地域の子育てサークルにて幼児に読み聞かせ

地域の子育てサークルにて幼児に絵本の読み聞かせ

インターンシップ(学校)

小・中・高校の教育現場で教育アシスタントとして体験することができます。実際の教育現場に触れることができるだけでなく、子どもたちと直接接することで気持ちや行動をより理解することができる貴重な機会となります。

小学校にて子どもたちとドッジボール

小学校にて子どもたちとドッジボール


PAGE TOP