メニュー
人間学部子ども発達学科初等教育コース保育コース
学校・地域や社会で活躍できる
優れたスポーツ指導者を目指します。
競技スポーツ、ジュニアスポーツ、障がい者スポーツ、高齢者スポーツなどの多彩なスポーツに関わり、実技指導法について理論と実践力を身につけ、豊かな倫理観を持ち備えた人間力を育みます。多様な知識とグローバルな視点ならびにスポーツインストラクターとして力量をあわせ持ち、社会や地域の発展に貢献できる人材の育成を目指します。
本学併設太成学院天満幼稚園にて保育実習の風景
鴻池スポーツキャンパスにて水泳練習

目指せる免許・資格

●中学校教諭一種「保健体育」
●高等学校教諭一種「保健体育」
●健康運動実践指導者
●健康運動指導士
●日本体育協会公認スポーツ指導者
●トレーニング指導者
●キャンプインストラクター
●レクリエーション・インストラクター
●社会福祉主事任用資格

卒業後の進路

●中学校教諭「保健体育」
●高等学校教諭「保健体育」
●スポーツインストラクター
●社会体育指導者
●スポーツセンターなどの健康運動指導者
●病院や福祉施設などのスタッフ
●クラブマネージャー
●スポーツ用品店スタッフ
●企業スポーツ選手
●スポーツトレーナー
●レジャー施設スタッフ
●公務員
●警察官
●消防士
子ども発達学科 学びのポイント
子ども発達学科 学びのポイント
子ども発達学科 学びのポイント
保健体育の教員免許を取得できます。
学習指導要領に取り入れられ、学校体育で実施する球技、ダンス、武道、水泳に加え、レクリエーションやニュースポーツも学修します。さまざまなスポーツ・競技をマスターし、コーチング理論と実証に裏付けられた実践的な指導法を身につけ、現場で活かせる力を磨きます。
スポーツをとおして、社会や地域の
発展に貢献できる指導者を目指します。
さまざまなスポーツに関わり、実技指導法について理論と実践力を修得します。豊かな倫理観と人間力をあわせ持ち、グローバルな視点で、社会や地域の発展に貢献できるスポーツ指導者の育成を目指します。
心理、教育や経営など本学ならではの
プラスαの知識を身につけます。
スポーツは安全にかつ楽しむことで、健康維持・増進を図ることができます。健康スポーツ学科では、体育学の専門知識だけではなく、心理学・医学・保健衛生学・教育学・経営学などスポーツに関連する専門知識の基礎も深め、様々な視点で健康とスポーツについて学びます。

将来の目標に合わせて選択できる履修モデルコース

スポーツ教育コース

中学校、高等学校の保健体育の教諭、コーチやスポーツ指導者、スポーツインストラクターを目標に、学校体育に必要な球技やダンス、剣道、野球やソフトボールなどの実技と理論を学修。また、カウンセリングスキルも学ぶことで、生徒たちをサポートできる教育者を育成します。

生涯スポーツコース

人々が年齢や目的に応じてスポーツをより楽しく、安全に取り組めるようサポートする生涯スポーツの専門家を育成します。健康運動指導士、レクリエーション・インストラクター、スポーツや健康、福祉などの科目を学修し、地域の人々の健康づくりをサポートする人材を育成します。

スポーツ・レジャーコース

トレーニング指導者、キャンプインストラクターなどの資格取得を目指しながら、スポーツとレジャーを融合できる専門家を育成します。そのために必要な知識、技術、マナーなどを体得。地域で行われる野外活動にインストラクターとして参画したり、競技別の基礎的・専門的なアドバイス方法なども修得します。


PAGE TOP