メニュー
人間学部子ども発達学科初等教育コース保育コース
理論と実践で地域に貢献できるスポーツ指導者に。
スポーツ実技を中心に運動学、公衆衛生学、スポーツ心理学などに関わる専門知識と技術を身につけます。教育現場や現代社会における心身の健全な発達や健康の保持増進などについての理解を深め、教育現場や地域での様々な活動に指導的立場で活躍し、貢献できる人材を育成します。
理論と実践で地域に貢献できるスポーツ指導者に。

目指せる免許・資格

●中学校教諭一種「保健体育」
●高等学校教諭一種「保健体育」
●健康運動実践指導者
●健康運動指導士
●スポーツリーダー
●トレーニング指導者
●キャンプインストラクター
●レクリエーション・インストラクター
●社会福祉主事任用資格

卒業後の進路

●中学校教諭「保健体育」
●高等学校教諭「保健体育」
●スポーツインストラクター
●フィットネススタッフ
●健康増進関連
●ヘルス関連施設
●教育サービス関連
●キッズスポーツ関連
●ジュニアスポーツ関連
●スポーツ用品店スタッフ
●スポーツサービス関連企業
●公務員
●警察官
●消防士
子ども発達学科 学びのポイント
子ども発達学科 学びのポイント
スポーツをとおして人と社会の健康づくりに貢献
幅広いスポーツに関する実技指導法や、スポーツイベントの企画・運営のノウハウを学び、地域の健康づくりに貢献できるスポーツ指導者を育成します。
保健体育教員としての基礎を磨く実践教育
学校体育で必修の球技、ダンス、武道、水泳に加え、レクリエーションやニュースポーツのコーチング理論と指導法を学修。教育実習のサポートも充実しています。
健康・スポーツ分野の幅広い知識を習得
健康・スポーツの専門知識だけではなく、心理学・医学・保健衛生学・教育学・経営学など、関連する学問も幅広く習得。多角的な視点から、健康やスポーツを学びます。

PAGE TOP