メニュー
心理カウンセリング学科カウンセラーコース福祉心理コースホスピタリティコース
人に気持ちに寄り添える
「こころ」の専門家へ。
心理の専門知識と分析手法に基づいた心理カウンセリングの技法を身につけることで、その実践をとおして、現代社会が抱える悩みや心の問題の解決に寄与できる知識とカウンセリング力を身につけます。また、現代社会の現状の中から課題を発見・解決し、多様な人々と関係構築していくための資質、素養と能力を身につけている人材を育成します。
カウンセリングの方法を学ぶ学生
カウンセリングの方法を学ぶ学生

目指せる免許・資格

●認定心理士
●心理学検定
●カウンセリング実務士
●ピアヘルパー
●福祉心理士
●健康心理士
●介護職員初任者研修(要講座受講)
●プレゼンテーション実務士
●社会調査アシスタント
●リテールマーケティング(販売士)検定
●色彩検定
●メイクセラピー検定
●国内旅行業務取扱管理者
●総合旅行業務取扱管理者
●観光実務士
●社会福祉主事任用資格
●臨床心理士(※)
※この資格を受験(申請)する場合は第1種指定大学院への進学・修了が必要となります。

卒業後の進路

●カウンセラー
●職場でのメンタルヘルス管理
●児童相談所スタッフ
●医療分野
●福祉分野
●観光分野
●テーマパーク施設スタッフ
●公務員
●大学院進学
●服飾分野
●ブライダル分野
●美容/健康分野
心理カウンセリング学科 学びのポイント
心理カウンセリング学科 学びのポイント
心理カウンセリング学科 学びのポイント
多方面から必要とされる
心理カウンセリング。
例えば、お客様へのアプローチやおもてなしの場などでは心理カウンセリング力が求められます。そんな私たちの身近な生活に不可欠な心理カウンセリングを学びます。
実習・演習で実践的な
カウンセリング力を習得。
社会で求められる、人のこころを読み取り相手の気持ちを理解するためのカウンセリング力。実習・演習中心のカリキュラムで、実践的なカウンセリング力を養います。
学んだ力を証明する資格取得をサポート
認定心理士、カウンセリング実務士といったカウンセリングに関する資格をはじめ、心理カウンセリングの学びを証明する資格取得のサポートシステムが充実しています。

PAGE TOP