メニュー

学びの特色

心理カウンセリングを学ぶ充実の施設と学修環境

心理カウンセリング学科では、目に見える"行動"と目に見えない"心の動き"を科学的に検証するための施設や設備を使って、実習ができる環境を整えています。 心理学実験室には人の目の動きを調べる「アイカメラ」をはじめ「電子瞳孔計」や、文字・図形などの見え方や認識するために必要な時間などを実験するための「タキストスコープ」などの実験機器があり、テーマに応じて実験をおこなっています。
また、学生同士がカウンセラーとクライエントとなり、対面でのカウンセリング力をやしなうことはもちろん、箱庭療法や心理テストなどを用いながらロールプレイングをおこなうなど、相談活動などの心に携わるための知識と技術を身につける環境が充実しています。

電子瞳孔計を使用した実習。
友人からの相談にも役立ちます。
友人からの相談にも役立ちます。
心の変化や反応について、多くのデータを用いて科学的に調べる方法を知ることが心理学の基本となります。 調査や実験、ロールプレイングをとおして心理学の知識と分析手法を学びます。

福祉施設での実習で生きた知識を学びます

「カウンセリング実務士」の資格取得をめざす学生に対し、地元の福祉施設にて実習を実施。
施設や利用者さんの様子を見学し、職員の方々からお話を聞くことで、心理カウンセラーに求められる要素を学修。
現場での学びは、学生の心に強く響く、貴重な体験となっています。

福祉施設での実習で生きた知識を学びます

PAGE TOP