メニュー

教育方針

大学案内 理念

本学では、「建学の精神」に基づき、以下の教育方針(アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー)を定めています。

人間学部 
(子ども発達学科・健康スポーツ学科・心理カウンセリング学科)

*教育目的

  人間の心身とそれを取り巻く人間社会を知的好奇心に基づいて多角的に考え、心身ともに健康で豊かな生活が送れる社会を創造できる人材を育成することを目的とします。

*アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

 

人間学部は、以下の意欲・姿勢をもって学修しようとする人を入学者として受け入れる。

  • ① 人が輝き生きることができる社会や社会で輝く人の育成や支援に寄与したい。
  • ② 人格を磨き社会に貢献したい。
  • ③ 主体性をもって学びたい。
  • ④ 多様な価値観を尊重し、協働したい。
  • ⑤ 専門分野の知識と技能を身に付け社会に貢献したい。

*カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 
  • ① 学科の専門知識や技能を学び活用していく上で必要な教科目を配置する。
  • ② 専門知識や技能を活用していくための応用的教科目を配置する。
  • ③ 学修した知識や技能に基づき課題発見や解決に協力して取り組むための教科目を配置する。
  • ④ 大学での学びと将来の進路選択に必要な知識や技能を身に付けるための教科目を配置する。
  • ⑤ 多様な人々と関わり社会に貢献する人間力を身に付けるための教養的教科目を配置する。

人間学部では以上の教育課程全般において「主体的な学びの姿勢を引き出すこと」を目的としたアクティブ・ラーニングの教育方法を積極的に行い、理解と実践力を高めるとともに、各教科目の達成度評価に取り入れる。
各教科目の授業方法、評価の基準、方法はシラバスに明記してあらかじめ公表する。

*ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

 

人間学部は、ウェルネスの実現(QOLの向上)をめざし、人が輝いて生きることができる社会の創造と、社会で輝く人の育成・支援に寄与できる人材の輩出を目的とする。これに基づき、学則に定める卒業要件及び以下を充たす学生に学士(人間学)の学位を授与する。

  • ① 社会での役割を果たすことができる使命感・倫理観・責任感を有する。
  • ② 多様な人々と関係を構築できる能力を有する。
  • ③ 修得した知識・技能を基礎に社会における課題の発見と解決ができる能力を有する。
  • ④ 専門分野の知識・技能を有する。
  • ⑤ 教養的知識を有する。

看護学部 看護学科

*教育目的

  看護学、基礎医学、公衆衛生学など医療に関する専門知識・実践技術と豊かな倫理観を身につけ、看護の対象となる人々のもつ困難や様々な問題の解決に強い使命感と責任感を持って臨むことができ、教育機関や企業社会を含む地域の医療における問題解決のために創造的、献身的かつ科学的思考に基づいて貢献することができる能力と国家試験に合格できる知識と技術を育成することを目的とします。

*アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

 
  • ① 看護や保健・医療・福祉に興味・関心があり、それらを通して社会に貢献したいと考える人
  • ② 人々の健康のあり方について生涯を通して学び続けたいと思う人
  • ③ 他者への思いやりと協調性、コミュニケーション力を有する人
  • ④ 看護学を学ぶ上で必要な基礎学力を有し、主体的に学ぶ姿勢を有する人

*カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 

看護学部看護学科ではディプロマ・ポリシーに掲げる能力の修得を達成するために、1 年次から 4 年次までの期間で、段階的かつ体系的に学修できるように教育課程を編成する。所定の卒業要件単位を修得すると、看護師国家試験受験資格が得られる。さらに保健師コースの所定の単位を修得すると、保健師国家試験受験資格が得られる。また、養護教諭1種免許状取得のための教職に関する科目も配置する。なお、初年次教育については、1年次に実施する。
教育課程の編成と、学修方法・学修過程、学修成果の評価については以下に示す。

1. 教育課程編成

「総合教養科目」では、豊かな人間性や高い倫理観およびコミュニケーション能力を育み、幅広い分野への関心にも応える科目を配置する。
日本文化の一つである茶道に由来する精神は、看護の実践に相通じるものであり、茶道を通して人間性や感性の育成を行い、看護の実践に生かすことを学びの特色のひとつとする。
「専門基礎教育科目」では、看護学に関係する近接学問領域の知識と技術・技能を修得するために配置した教科目であり、看護実践能力を養うための基礎基本となる人間・健康・基礎医学の理解をめざす科目を配置する。

「専門教育科目」では、看護専門職として必要な専門知識・技術・態度を修得するための科目を配置する。

  • ① 自己の感性と人間性を豊かにし幅広い教養を身につける科目
  • ② 人間の尊厳と権利への理解を深め高い倫理観を身につける科目
  • ③ 看護の実践に必要なコミュニケーション能力と協働する力を身につける科目
  • ④ 専門科目の基盤として必要な医療・保健・福祉の知識や技術を身につける科目
  • ⑤ 看護の実践に必要な専門知識・基本技術を身につける科目
  • ⑥ 看護の統合、総合的判断力を身につける科目
  • ⑦ 看護を探究し課題に対して取り組む姿勢を身につける科目

2.学修方法・学修過程

学生の学修の質を高めるために講義・演習・実習・実技において、アクティブ・ラーニングをそれぞれの授業内容に即して柔軟かつ積極的に取り入れて学生の主体性を育むようにする。
また、以下の5つの看護実践を取り入れた教育方法によって、看護実践能力を修得することを卒業時の学修到達目標とする。さらに、保健師については保健実践能力を修得することを卒業時の学修到達目標とする。

  • ① 個人―家族―集団―地域を対象とする看護実践
  • ② あらゆる年代の人々に対する看護実践
  • ③ 多様な場で、継続的なケアを提供できる看護実践
  • ④ 健康―疾患の連続性を踏まえた看護実践
  • ⑤ 健康の維持、増進(ヘルス・プロモーション)や予防を促進する看護実践

3. 学修成果の評価の在り方

学修成果の評価方法は、科目ごとのシラバスにおいて具体的に示す。実習等においてルーブリック評価など(学修到達度の度合いを示すレベルの特徴を示した評価基準からなる表)を取り入れることによって、成績評価を分かりやすく可視化して評価する。

*ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与に関する方針)

 

看護学部は、豊かな感性を有し、看護倫理や看護の責務、看護の実践に基づいた援助の在り方及び可能性を理解し、看護の対象となる全ての人々が生命力・生活力を十分に発揮し輝いて生きるための支援ができる人材の輩出を目的とする。これに基づき、学則の定める卒業要件及び以下を充たす学生に学士(看護学)の学位を授与する。

  • ① 生命の尊厳と人間を尊重し、社会での役割を果たすことのできる使命感、倫理観、責任感を有する。
  • ② 多様な人々と関わり、協調して活動する能力を有する。
  • ③ 看護の場面において課題発見と課題解決ができる科学的、倫理的思考力を有する
  • ④ 看護の専門知識や技能を有する。
  • ⑤ 豊かな感性と他者への理解、教養的知識に基づく確かな社会的判断力を有する。

経営学部 現代ビジネス学科

*教育目的

  経営、経済、情報の実践的な知識と技術を身につけ、企業社会・地域社会の様々なビジネスシーンで活躍できる即戦力と実践力、問題解決能力を兼ね備えた人材を育成することを目的とします。

*アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

 

経営学部は、以下の意欲・姿勢をもって学修しようとする人を入学者として受け入れる。

  • ① 人が輝き生きることができる社会や社会で輝く人の育成や支援に寄与したい。
  • ② 人格を磨き社会に貢献したい。
  • ③ 主体性をもって学びたい。
  • ④ 多様な価値観を尊重し、協働したい。
  • ⑤ 専門分野の知識と技能を身に付け社会に貢献したい。

*カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 

経営学部は、「経営学」・「CT(コミュニケーション・テクノロジー)」・「国際理解・異文化理解」・「情報技術」などの専門科目を中心に教育課程を編成、実施する。

  • ① 基盤となる専門知識や技能のための教科目を配置する。
  • ② 専門知識や技能を活用するための発展的教科目を配置する。
  • ③ 学修した知識や技能に基づき、課題発見や解決に取り組むための実践的教科目を配置する。
  • ④ 大学での学びと将来の進路選択に必要な知識や技能を身につけるための教科目を配置する。
  • ⑤ 多様な人々と関わり社会に貢献する人間力を身に付けるための教養的教科目を配置する。

経営学部では以上の教育課程全般において「主体的な学びの姿勢を引き出すこと」を目的としたアクティブ・ラーニングの教育方法を積極的に行い、「学生が相互に学びあうこと」「経営現場に直接触れること」などで理解と実践力を高める。これらを各教科目の達成度評価に取り入れる。各教科目の授業方法、評価の基準、方法はシラバスに明記してあらかじめ公表する。

*ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与に関する方針)

 

経営学部は、企業におけるビジネスの仕組みと役割を理解するとともに、今後進展するであろう(可能性のある)デジタル経済を視野に入れた国際理解・異文化理解ができる知識と技能、ビジネスデータを利活用できる情報技術、コミュニケーション・テクノロジーを使った新しいビジネスを生み出す力を身に付け、社会の一員として輝いて活躍できる人材の輩出を目的とする。これに基づき、学則に定める卒業要件及び以下を充たす学生に学士(経営学)の学位を授与する。

  • ① 社会での役割を果たすことができる使命感、倫理観、責任感を有する。
  • ② ビジネス社会の中で多様な人々と関係を構築できる能力を有する。
  • ③ 修得した知識や技能を基礎に、ビジネス社会における課題発見と課題解決ができる能力を有する。
  • ④ 修得した発想力、想像力をもとに新しいビジネスを生み出す力を有する。
  • ⑤ 社会人としての教養を身につけ、学識を活かした社会的判断力を有する。

PAGE TOP